スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

仲間ができました。

昨日、友人の家で夕食をごちそうになった。
彼女は以前紹介した『レインボーファミリー営業部長』あやちゃん。
農園がどんどん事業を縮小していく様子をみて、
一緒に現在の収入の確認と、今後の対策を考えようと言ってくれていた。

数字。私のとても苦手な部分だったので、本当に助かった。

震災前の収入と現在を比較したら、半分以下になっていた。
実際に数字を見て、何とも言えない気分になった。
どちらかというと、前はそんなに収入があったんだっけという感じだった。

経費、生活費を含めて最低どのくらいの収入が必要か、
それを効率よく得るためにはどのようにしたらいいのか、
一人で全てをすることは難しいから、どのように人に仕事を振るか…

目からうろこだった。
こんなに農園の将来について、真剣に話した相手はいなかった。
主人とも、こんな風には話していなかった。
彼が結局一人で頑張っていたということ。

彼女はすでに近所でうちの卵を販売できそうな場所に営業をかけてくれていた。「1回目ではあまり手ごたえなかったけれど、あと3回くらい行ったらおいてくれそうだよ。もう少し頑張ってみるね」

いちかばちか、冗談ぽく言ってみた。「お給料出ないけれど、うちで働いてくれない?」「え?いいの?実は農園で働きたかったの。お給料は出せるようにこれからしていけばいいよ。出世払いってやつね!よろしくお願いします。」

夢のようだった。一緒に考えてくれる人が出来たことが一番心強かった。

しっかりもののあやちゃん。これから、ビシバシ鍛えてもらおう。

関連記事
スポンサーサイト
26:承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2011.12.17 23:38 # [EDIT]

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。