スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

放射能検査機関に野菜を出しました

放射能検査用の野菜を用意しました。

今までお願いしていたところが、サーバーの状態が悪いのか、申込書が届かず、さてどうしようと思っていたところ、他の検査機関の広告が目に入り、そちらにすることにしました。

しかし、新しい検査機関の求める野菜の量は、1㎏以上。

収穫しながら、なんだか虚しくなってきた。

目の前の美味しそうな野菜たち。
全部刻まれて、検査されたら廃棄。
ルッコラなんて、10袋分。
水菜もチンゲン菜も、いくら積んでもなかなか1キロにならない。

SN3R0458.jpg

SN3R0459.jpg

30キロ米袋が入っていた大きな箱に入りきらず、2箱になってしまった。

検査をするっていうことは、こういうことなんです。
大切なことはわかっています。
でも、収穫したものを食べてもらえないことがなんとも悲しくて。

今までの検査は、重たいもの(キャベツ、カボチャ、玉ねぎなど)が多くて、そんなに大量に必要なかったから、ここまでショックを感じなかったけれど、軽い野菜は虚しさばかり募ってしまった。

でも、出しました。雨の中収穫して。

あとは、結果を待つだけです。
関連記事
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。