スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

放射能の問題はまだまだ続く

茨城県北部で有機農業を営む先輩農家 布施さんのブログ。
一度、家族でお邪魔したことがある。
山と共に生きる農家。流山の住宅地に囲まれた畑で作業している私にとって、憧れと尊敬が自然と出てくるような場所でありご家族だ。

木の里農園便り

布施さんが住む山にも放射能は降り注ぎ、落葉からは5000Bq/kgの放射性物質が検出された。有機農業は落葉を使って堆肥を作る。それが今年は使えない。

布施さんの地域より流山市の方空間線量が高い。平地の落葉は殆ど掃かれてしまっていて残っていないかもしれないけれど、今年の落葉と混ざらないとは限らない。今年の葉も、検査していないからわからない。

落葉の季節にはせっせと鶏舎に落葉を運んでいた。鶏たちが大喜びするし、よい感じに砕いて鶏糞とかき混ぜてくれるのでこちらとしてもありがたかった。でも、今年は無理かな。

色々なことを諦めたり、現実に潰されそうになるけれど、ありがたいことに、まだ耕せる場所であることを忘れてはならない。

がんばろう。
関連記事
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。