スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

つぎは?

玉ねぎとカボチャの検査結果(不検出 検出下限1Bq/kg)が出てから、少し疲れが出てきた。

多分、子供たちの夏休みが終わったこと、朝が涼しくなって鼻の調子が悪いこと、検査をいつまで続けたら良いのかという絶望に似た思いが湧いてきたこと…色々な理由が考えられる。

9月に入ってもカンパが集まってきている。幼稚園の友達が手紙を添えて渡してくれたり、野菜のお客様が支払いのときに「おつりは使ってください」とかなり多めに渡してくれたり。その度に、多くの人が心配してくれていることをひしひしと感じている。

初期のころから野菜をとり続けてくれているお客さんに、「玉ねぎとカボチャも不検出でしたが、もっと調べた方が良いですか?」と尋ねたら、「私は全部一通り調べてもらいたい。でないと、自信をもって紹介できないの。ごめんなさいね。」という返事。

今まで、口コミでお客様が増えていた。多くの方に紹介してくださった彼女の苦しい気持ちが辛かった。

多くの人が感じてきている。野菜は大丈夫かもしれないと。
しかし、今まで大丈夫だと思っていたのが覆されている事が今回多いので、不検出の証明書が欲しいのだろう。

秋野菜にはアブラナ科のものやサツマイモがある。セシウムが移行しやすいと言われているキャベツは不検出(検出下限1Bq/kg)だったが、他の物は測ってみようとおもう。
関連記事
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。