スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

チャリティー 筍掘り その後

震災直後、東北の友人を応援したくて農園で開催したイベントが筍掘り。

参加費と筍の売上の一部(5万円)+野菜のお客様であり柏市在住のミュージシャンAkeyさんがチャリティーライブで集めた義援金(7万円)=12万円のうち、私たち夫婦が農業研修していた栃木県の有機農家に2万円、残りの10万円を私の友人から紹介してもらった石巻市のミュージシャンyukkiさんに届けた。

yukkiさんご自身も被災され、非常に大変な中、何度もメールで使い方について話し合った。
10万円という限られたお金。それを文化復興に使いたいという申し出に、この人は『復興』を目の前の事ではなく、ずっと先のこと、『人の心』についても考えているのだと、非常に心を打たれた。

その後、お互いの地域での放射能の問題が起こったりして、文化どころではないような空気も流れたけれど、Yukkiさんは活動を続けてくださっていた。静岡県伊東市の方と知り合い、石巻市雄勝町の黒船太鼓が伊東市の伊東按針祭で行われる太鼓合戦に参加することに。

それまでの道のりは決して簡単ではなかったと思う。

家も家族も仕事も全てを奪われた人々に、「太鼓を続けて」と伝えるのがどれほど難しいことか。それでも太鼓と向き合った雄勝町の方々。残念ながら一度も黒船太鼓の音を聴いたことはないけれど、私の心にも太鼓が響いている。

その様子が書かれているブログを拝借http://t.co/l9g3udY

流山にも来てくれないかな…。

ただ、一つ気がかりなのは、筍。あの筍は掘ってよかったのだろうか?多くの子供たちが参加したイベントだったので、今でも心がチクチクする。
関連記事
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。