スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

『みんなで決めた「安心」のかたち」 本が手元に届きました。

シンポジウム 無事終了しました。
http://www.kyasai.jp/home/event
とても勉強になりました。

何がって?

今回のシンポジウムのきっかけは放射能ですが
パネリストの皆さんの話から私が受けた印象は
「どう生きるか」
ということ。

放射能が降ったことをきっかけに、
農家は「なぜ野菜を育てて売るのか」について考えたし、
その他の人々は「どんなものを食べたいのか」を問われた。

そして、そこから、
この土地で、どのように暮らしていきたいのかを考えるようになった。

私自身、震災前は朝市やマルシェなどほとんど参加していなかった。
でも、今はとても大事な時間になっている。
それを気がつかせてくれたのは、
この大きな問題であったことは間違いない。

今日はシンポジウム会場で、『みんなで決めた「安心」のかたち』の先行販売があった。
私は本の取材を受けたということで、1冊本をプレゼントしていただいた。
円卓会議のほん


家に帰って、この時間まで一気に読んだ。
(全部ではないけれどネ)
立場の違う人々が、どのような想いでこの日々を過ごし、
円卓会議の場に集まり、
今日を迎えたのか。

15人の話を読んで、
それぞれ、新しい1歩を踏み出していることを感じた。
放射能問題を考えているうちに、
自分たちの本当の夢が少し見えてきたのかもしれない。

相当眠たいので、残りの部分は、またあとでゆっくり読もうかな。
関連記事
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。