スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

日本みつばち

今年の5月に我が家にやってきた日本ミツバチの群れ。

巣箱を置くということは、ミツバチを飼うということ。

蜂の姿を見るだけでブルッと震えていた私、
でも、みつばちの先生から彼らの話を聞いているうちに
親しみが持てるようになってきました。

台風一過の朝、ものすごい湿気と暑さ。
巣箱の下の入口は観音開きになるようになっていて、
台風の前に先生が閉めにいらした。

なので、ミツバチたちは巣を冷やすために入口の隙間で必死にはばたいて風を送っている。

開けてあげなきゃ。

先生に言われた通り、まるで太極拳をしているかのようなゆっくりな動きで巣箱に近づき、
「はいはーい、みつばちさん、今扉をあけるからね~」
と声をかけつつ、更にゆっくりとしゃがみ、そーっと扉に手を近付け、
ミツバチを潰さないように気をつけながら扉を開けました。

風がすーっと通ったので、少しは巣も涼しくなったかな。

本当は写真を撮りたかったけれど、
まだ、仲良くなれてないかもしれないので、
また今度。
関連記事
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。