スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

松戸友の会 「平和を考える会」にて、放射能検査のカンパをお願いします。

8/3(水)松戸友の会にて行われる「平和を考える会」で、卵の販売と、玉ねぎの販売:300円(放射能検査費用100円込み)、カンパをお願いすることになりました。

カンパをお願いする箱に、次のようなコメントを添えました。

野菜の放射能検査のためのカンパをお願いいたします。

●多くのお客様が、「うちには子供がいるから、すみません」、そういって野菜の購入をやめた。
●私の大切な友人達(特に幼い子供を持つお母さん達)が、不安の中で迷いながら野菜を買っている。
●主人を含め、精神的に追い詰められている農業者が身近にたくさんいる。

私の育てている野菜は子供に与えられない毒なのか!とショックを受けました。

私も母親なので気持ちはよくわかります。しかし、無実な野菜もあるに違いない。
現に、当農園の卵とキャベツは不検出です。


流山市内の有機農家が調べたじゃがいも・モロヘイヤ・キュウリ・トマトも不検出全く心配いらないものなのに・・・

 放射能検査費用は1検体に付き8,000円以上します。(当農園の卵・キャベツの検査費用は1検体15,000円:検出下限によって金額がかわる)

年間100種類以上の野菜を栽培しているので、自己負担だけで測るのは不可能です。

そこで、考えました。
消費者を巻き込む形で検査費用を集められないだろうか。


自治体や農家が必死に検査をしても、あまり消費者には届きません。

しかし消費者自身が少しでも関われば、結果にもっと敏感になるのではと思ったからです。

それに、農家も、消費者が協力してくれるということだけで、元気が出てくるはずです。

不幸なことに何かが検出された場合も、それを作らないという選択ができます。


 ホットスポットといわれている地域で、農業を続けるために、状況を把握し、また消費者の皆さまにも関心を持っていただきたいと考えております。

検査結果は、インターネット上のホームページ
『0.3マイクロシーベルトの畑より@自然農園レインボーファミリー』
で報告いたします。
関連記事
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。